販売作品

works for sale

森蘭斎(1740-1801)は、江戸時代中期に活躍した画家。名は文祥、字は九江、子禎。蘭斎、鳴鶴などと号した。越後頚城郡の人。画は、はじめ、越後の五十嵐俊明に師事し、長崎に遊学して、熊斐に学ぶ。熊斐の娘を妻とし、安永2年(1773)頃、大阪へ移り、木村蒹葭堂や、片山北海等と交流した。晩年には、江戸へと下り、宋紫石の没後、熊斐直伝の南蘋派を伝えたとされる人物です。

SHARE