鈴木其一(1976-1858)は、江戸時代後期の画家。通称は為三郎、諱は元長、字は子淵。其一は号で、のちに通称にも使用した。別号に噲々、菁々、必庵、鋤雲、祝琳斎、為三堂、鶯巣など。18歳の頃、酒井抱一の内弟子となり、抱一の付き人である鈴木蠣譚の没後、鈴木家の婿養子となり、酒井家家臣となる。其一は抱一からの信任も厚く代作なども務め、抱一の没後は、抱一様式を基礎としつつも、独自の画風を確立して名声を高めました。

販売作品

works for sale

Sold out
鈴木其一

「芙蓉雀図」

売却済
Sold out
鈴木其一

「月に朝顔図」

売却済
Sold out
鈴木其一

「東下り図」

売却済