上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「遊亀之図」

円山応挙 (Maruyama Okyo)

  • 「遊亀之図」
  • 「遊亀之図」
  • 「遊亀之図」
  • 「遊亀之図」
  • 「遊亀之図」
  • 「遊亀之図」
  • 「遊亀之図」
作家名
円山応挙
作品名
「遊亀之図」
寸 法
本紙:92.5×34.0cm
総丈:169.0×44.5㎝
手 法
絹本・着色
備 考
・画面右下サイン「応挙画」、「應挙」「仲選」
・田中鶴翁箱 箱蓋裏「甲辛(※甲辰の間違いか)三月上院 花月庵題」
  ※田中鶴翁(1782~1848)…江戸時代後期の茶人。
   大坂で醸造業を営むかたわら、売茶翁の煎茶の流儀を慕い、
   花月庵流という煎茶の一派をおこす。
   天保3年平田篤胤、大窪詩仏、谷文晁、らを招いて茶会をひらいた。
   名は元長。字は倹徳。別号に花月庵,養老軒,菊井館。
円山応挙の販売作品一覧
SHARE