仙厓義梵(1750-1837)は、江戸時代の臨済宗の禅僧、画家。
美濃国で生まれ、11歳の頃に臨済宗の僧となり、19歳になり行脚に出る。後に月船禅彗の門下に入り、32歳で印可を受け、再び行脚の旅に出る。39歳の時に博多の聖福寺の盤谷紹適の法嗣となり、聖福寺住持を23年務める。88歳で遷化するまでに、多くの洒脱・飄逸な絵画(禅画)を残した。

販売作品

works for sale

Sold out
仙厓義梵

「花見画賛」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「寒山拾得自画賛」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「酒呑鍾馗」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「牛図」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「文珠図画賛」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「栄西禅師像」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「三福神画賛」

売却済
Sold out
仙厓義梵

「鶯」

売却済