白隠(1685~1768)は、江戸中期の禅僧。

日本の臨済宗中興の祖であり、五百年間に一人とされた名僧です。

“衆生本来仏なり”

民衆教化のために書きのこされた書画は、日本美術史の観点からも、非常な個性を放つ魅力的な作品群です。

そんな白隠墨蹟のファンは、日本のみならず、世界に多く見られます。


「白隠フォーラム」及び白隠専門の展示館「荘厳堂」開館の御案内

日本初の白隠専門の展示館「荘厳堂」

今年9月、広島県福山市に、約200点の白隠の禅画・墨蹟を収蔵する白隠専門の展示館「荘厳堂」がオープン致しました。

展示室の様子

展示室の様子

この美術館の作品収集・開設準備等には、私共ギャラリーも関わらせていただきました。

■所在地 臨済宗建仁寺派 神勝禅寺内
〒720-0401 広島県福山市沼隈町大字上山南91
TEL 084-988-1111

■神勝寺WEBサイト http://shinshoji.com/

Sold out
白隠慧鶴

「渡唐天神」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋図」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「達磨」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「楊柳観音図」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「四睡留守模様」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「渡唐天神」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋の耳かき」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋利休像」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「祖師像」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋指天」

売却済