白隠(1685~1768)は、江戸中期の禅僧。

日本の臨済宗中興の祖であり、五百年間に一人とされた名僧です。

“衆生本来仏なり”

民衆教化のために書きのこされた書画は、日本美術史の観点からも、非常な個性を放つ魅力的な作品群です。

そんな白隠墨蹟のファンは、日本のみならず、世界に多く見られます。

Sold out
白隠慧鶴

「蓮池観音図」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「渡唐天神」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋図」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「達磨」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「楊柳観音図」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「四睡留守模様」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「渡唐天神」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋の耳かき」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋利休像」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「祖師像」

売却済
Sold out
白隠慧鶴

「布袋指天」

売却済
SHARE