上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「芦雁図」

金子金陵

  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
  • 「芦雁図」
作家名
金子金陵
作品名
「芦雁図」
寸 法
本紙:112.4×32.9㎝
総丈:185.5×42.6㎝
手 法
絹本・彩色
備 考
■画面右下にサイン「金陵」、印「平允圭」「君璋」
■雙本堂春星箱
※金子金陵(?~1817)は、江戸時代後期の日本の画家。
渡辺崋山、椿椿山の師として知られる。江戸の人。
谷文晁の下で画を学んだとされるが沈南蘋風の画風は諸葛監から学んだともされる(『古画備考』)。花鳥画を得意とした。
金子金陵の販売作品一覧
SHARE