ギャラリー創 作品紹介 「寒山・拾得図」

▲クリックで画像の詳細を表示

  • 「寒山・拾得図」
  • 「寒山・拾得図」
  • 「寒山・拾得図」
  • 「寒山・拾得図」
  • 「寒山・拾得図」
  • 「寒山・拾得図」
  • 「寒山・拾得図」

▲クリックで画像を選択

作家名
都路華香
作品名
「寒山・拾得図」
寸 法
本紙:133.0×14.0cm(右)
総丈:200.8×25.8cm(右)
本紙:133.0×14.0cm(右)
総丈:200.8×25.8cm(右)
手 法
紙本・墨画
備 考
右幅款記:「華香」
右幅印章:「印文不明(白文重郭楕円印)」
左幅印章:「印文不明(白文重郭楕円印)」
解 説
 本作は対幅の作品で、左幅には寒山が経巻を開いた姿を、右幅には拾得が箒を持つ姿が顕された、いわゆる寒山拾得を描いたものです。縦に長い紙本に筆の勢いと墨の濃淡で表現された本作は、華香の高い構成力が伺える作品です。
 また、左幅の画面下部には華香の款記と白文楕円型の印章が、右幅には同様の印章のみが押されている。本作はその様式から比較的若い頃の作品であると推測されます。
 都路華香(1870~1931)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家。京都生。竹内栖鳳・菊池芳文・谷口香嶠らと共に楳嶺門下の四天王と称されました。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

作家検索

取扱い作家の作品が検索できます。入力を始めると候補が表示されます。

↑ PAGE TOP

Facebook
Instagram