都路華香(1870~1931)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家。京都生。竹内栖鳳・菊池芳文・谷口香嶠らと共に楳嶺門下の四天王と称されました。

販売作品

works for sale