上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「梅に四十雀」

實斎(子頴)

  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
  • 「梅に四十雀」
作家名
實斎(子頴)
作品名
「梅に四十雀」
寸 法
本紙:127.0×40.0㎝
総丈:190.0×50.0㎝
手 法
絹本・彩色
制作年
癸未夏日(文政6年/1823年)
備 考
■画面右上に「癸未夏日 實斎井子穎寫」
■画面下に印「芋魁」
    
解 説
画面右下から屈折しながら伸びる梅樹に二羽の四十雀が止まっている。梅樹は輪郭をとり、茶を掃き、淡墨を重ねるように施すことで、樹木のはだを表現し、梅花も輪郭をとり色彩を重ねることで表現している。
画面右上に「癸未夏日/實斎井子穎寫」とあることから、文政6年(1823)に制作されたことが確認できます。また作者の實斎についての伝記は詳らかにならず、画風から南蘋派の影響を受けた人物の手によることが推測されます。
ご購入のお問い合わせはこちら
實斎(子頴)の販売作品一覧
SHARE