上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「烏丸光広宛(歌入り消息)」

小堀遠州

  • 「烏丸光広宛(歌入り消息)」
  • 「烏丸光広宛(歌入り消息)」
  • 「烏丸光広宛(歌入り消息)」
  • 「烏丸光広宛(歌入り消息)」
作家名
小堀遠州
作品名
「烏丸光広宛(歌入り消息)」
寸 法
本紙:27.4×42.7cm
総丈:112.6×47.2cm
手 法
紙本・墨
制作年
二日
備 考
・(端裏書)烏大納言様 拝上 小遠江守
・本紙中央に花押
・田山方南の書付
・【読み】
 内々御契約申候。拙者一首一紙に書
 進じ候。御覚下さるべく候。恐惶頓首

  月前暁鐘
 かねのこゑも松の飛びきも高砂の
 於の〱(を)てらす明かた
 御返事承り度く奉り存候。此次而竹の
 つき 於く里申候、 以上

   二日         花押
解 説
小堀遠州(1579-1647)は、江戸初期の茶人、遠州流の祖。また江戸幕府の奉行として建築、土木、造園を手がけた。名は政一、通称は作介、号は孤篷庵、道号は大有宗甫。近江国小堀村(現在の長浜市)の出身。はじめ豊臣秀吉に、のち徳川家康に従い、父である正次の死後は家を継いで近江小室1万石を領し遠江守に任ぜられた。
作事奉行を多く歴任し、建築、造園の才を発揮、二条城、仙洞御所などを手がけた。早くより古田織部に茶の湯を学び、寛永13年(1636)には、3代将軍である徳川家光に献茶し、その茶名が天下に知られた。
茶道具においても名物の位付けである中興名物を定めるとともに、遠州七窯といわれる国焼の振興に寄与、この他にも書画、和歌、生花などにもすぐれた才能を示した。
ご購入のお問い合わせはこちら
小堀遠州の販売作品一覧
SHARE