上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「宝珠・墨梅図」

長沢芦雪

  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
  • 「宝珠・墨梅図」
作家名
長沢芦雪
作品名
「宝珠・墨梅図」
寸 法
本紙:(宝珠)28.5×28.5㎝,(墨梅)67.3×28.5㎝
総丈:192.5×28.4㎝
手 法
紙本・墨
備 考
(宝珠図)
■画面右にサイン「蘆雪」、印「蘆」「雪」
(墨梅図)
■画面左にサイン「華努」、印「専」「定」
※池坊専定(1768~1832)
京都出身の江戸後期の僧・華道宗匠。六角堂住職。
池坊四十世。立華様式を整備し、池坊生花の基礎をつくった。
画を岸駒に学び、特に梅花図を能くした。
※長沢芦雪(1754~1799)
本紙に押す印は、南紀から京都に戻った天明7年(1787年)2月以降~寛政前期に使用されたと考えられている。
参考:「長沢芦雪―奇は新なり―」展図録(2011年/於、MIHO MUSEUM)
長沢芦雪の販売作品一覧
SHARE