江月宗玩(1574-1643)は堺の豪商、天王寺屋津田宗及(そうぎゅう)の子。別号は欠伸子。幼少より大徳寺の僧、春屋宗園に師事、厳しい研鑽を積む。慶長11年(1606)、春屋より「江月」号を授与される。慶長15年(1610)に大徳寺156世となり、翌年、春屋の死去に伴い黒田家の菩提寺、龍光院を継ぐ。黒田長政の請により筑前崇福寺の住持もつとめた。江月には、小堀遠州や佐久間将監など有力な帰依者が多くいた。また茶の湯は、織田信長や豊臣秀吉に茶頭として仕えた父、津田宗及から学び、当代一流の文化人として知られた。紫衣事件では沢庵、玉室らとともに幕府に抗議して詰問を受けたが、ひとり許されている。

販売作品

works for sale

Sold out
松花堂昭乗

「渡河布袋図」

売却済
Sold out
江月宗玩

「小堀遠州宛消息」

売却済
Sold out
江月宗玩

「佐久間将監宛消息」

売却済
Sold out
江月宗玩

「普化振鈴図」

売却済
Sold out
江月宗玩

「偈」

売却済
Sold out
江月宗玩

「心安」道号頌

売却済
Sold out
江月宗玩

「消息」

売却済
Sold out
江月宗玩

「偈」

売却済
Sold out
江月宗玩

「臨済・達磨・六祖図 画賛」

売却済