河鍋 暁斎(1831年/天保2年 – 1889年/明治22年))は、幕末から明治にかけて活躍した日本画家。歌川国芳から浮世絵を学び、また狩野派にも入門し伝統的な官学派の絵画を学んだ経歴を持つ。当時の画家や日本に滞在・居住していた外国人との交流のみならず、寺院や神社、版元・出版社、料亭や老舗商店、能や歌舞伎といった広範囲にわたる人たちとの交友・受注関係を培いながら多様な作品世界を展開した。反骨精神の持ち主で、時に体制批判の精神を研ぎ澄まし、多くの戯画や風刺画を残している。

販売作品

works for sale

Sold out
河鍋暁斎

「鍾馗図」

売却済