小林一茶(1763-1827)は、江戸時代後期を代表する俳人。名は弥太郎。圯橋、菊明、雲外などの号がある。信濃国柏原村(長野県信濃町)の人。15歳の時、奉公のため江戸へ出て、俳諧と出会い、鄙語、俗語を駆使し、日常の生活感情を平明に表現する独自の様式を確立しました。

販売作品

works for sale

Sold out
小林一茶

「春の雨」

売却済