販売作品

works for sale

巨海東流(1780-1853)は、江戸時代後期の曹洞宗の僧。梅道人、金栗子、玉龍山主、碓房などと号した人物。14歳の時に越後にある長福寺の梁山全棟について出家し、のちに担戒良重の法を嗣ぐ。信濃大聖寺、志摩常安寺をへて、武蔵豪徳寺二二世となった人物。書画、和歌を良くし、特に墨梅に優れた。著書に『碧巌録註』『永平発菩提心弁解』がある。

SHARE