上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「日金山眺望富士山図」

宋紫石

  • 「日金山眺望富士山図」
  • 「日金山眺望富士山図」
  • 「日金山眺望富士山図」
  • 「日金山眺望富士山図」
  • 「日金山眺望富士山図」
  • 「日金山眺望富士山図」
  • 「日金山眺望富士山図」
作家名
宋紫石
作品名
「日金山眺望富士山図」
寸 法
本紙:46.1×99.1cm
総丈:151.2×134.0cm
手 法
絹本・墨・着色
備 考
・画面左下にサイン:「写於豆列日金山上宋柴石」、
 印:「柴石」「君赫」
・画面右下印:「一生好入名山遊」
・丹波恒夫旧蔵
解 説
日金山(ひがねさん)は箱根外輪山から南に続く山。古くからの信仰の地で、死者の集まる霊山として知られる。
また江戸時代後期における旅文化の発展に伴い、十国五島の景勝を望む好適地として知られるようになった。
日金山からの眺望は、様々な絵画に描かれ、葛飾北斎や大岡雲峰などもその景色を描いている。宋紫石が描いた当作品の類似作品が、東京国立博物館に収められている。

宋紫石(1715年~1786年)は江戸生まれ。江戸時代中期の画家。
若い頃の事績は不明。
40歳半ばの宝暦年間に長崎に赴き、熊代熊斐に就いて沈南蘋の画法を修め、ついで来舶した清人画家宋紫岩にも入門した。この師の名から中国風に宋紫石と名乗った。
写実的な花鳥画を得意とし、鶴亭とともに南蘋派を代表する絵師といえる。
宋紫石の販売作品一覧
SHARE