上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「宇治川先陣図」

土佐派

  • 「宇治川先陣図」
  • 「宇治川先陣図」
  • 「宇治川先陣図」
  • 「宇治川先陣図」
  • 「宇治川先陣図」
作家名
土佐派
作品名
「宇治川先陣図」
寸 法
本紙:18.0×68.3cm
総丈:131.2×76.8cm
手 法
紙本・着色
制作年
17世紀半ば
備 考
・箱書:「土佐光明筆宇治川競渡図/京都帝宝博物館出品」
解 説
本作は、「平家物語」巻第9の「宇治川先陣」に題材に描かれたもの。木曽義仲が源義経を防いだ宇治川の合戦で、源頼朝から与えられた名馬、磨墨(するすみ)に乗る梶原景季に、佐々木高綱が馬の腹帯が伸びているように見えるといい、景季が腹帯を締めなおしている間に、名馬、生食(いけづき)に乗った高綱が一足先に宇治川へ打ち入ったところを描いている。
付属する箱蓋に「土佐光明筆宇治川競渡図/京都帝宝博物館出品」の貼付があるものの、土佐光明についての詳細は不明。その画風から、17世紀の土佐派の手によるものと推測されます。
ご購入のお問い合わせはこちら
土佐派の販売作品一覧
SHARE