上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「漢詩」

菊池五山

  • 「漢詩」
  • 「漢詩」
  • 「漢詩」
  • 「漢詩」
作家名
菊池五山
作品名
「漢詩」
寸 法
本紙:136.2×44.5㎝
総丈:184.5×58.4㎝
手 法
紙本・墨
備 考
・画面右下サイン「五山」、印「池桐孫」「無絃」、関防印「剡藤■■」
・(読み)「涼颷飽馥郁 不及数麝沈 仙宗/一分程 粟々秋海林雨敲知多少/匝地已布金」 巌桂は木犀、仙友は松の異称。   
解 説
本作は、菊池五山の手による三行書。五言六句からなる五言古詩という形式で詠まれた漢詩文を、勢いのある筆で揮毫する。

菊池五山(1769-1849)は、江戸時代後期の儒者、漢詩人。讃岐国(香川県)高松の出身。名は桐孫、字を無絃、通称を左太夫という。五山の他、娯庵、小釣舎などと号した。曾祖父の菊池半隠の頃より高松藩の儒官として仕える家柄。故郷高松で詩を後藤芝山に学び、京都に遊学して柴野栗山の門に入り、天明8(1788)年、栗山が幕府に儒者として招かれたのを機に、江戸に移住し、市河寛斎の江湖詩社に参加。柏木如亭、大窪詩仏らと共に詩人として活動した。画の谷文晁、書の亀田鵬斎とともに、芸苑の三絶と称された人物。
ご購入のお問い合わせはこちら
菊池五山の販売作品一覧
SHARE