「太公望・老子出関図(双幅)」
作家名
高田敬輔
作品名
「太公望・老子出関図(双幅)」
寸 法
本紙:121.5×45.8㎝
総丈:185.8×60.2㎝
手 法
紙本・墨
備 考
■(右幅)画面右上サイン「竹隠斎法眼敬輔画」、印「竹隠敬輔」
■(左幅)画面左上サイン「眉間毫翁法眼敬輔画」、印「竹隠敬輔」
解 説
左幅には崖上から釣り糸を垂らす呂尚(太公望)を、右幅には水牛に乗る姿の老子が描かれる、高田敬輔の手による作品です。
人物の表現は衣文は太く勢いのある筆で、瞼や眼、鼻や口元は細い筆で輪郭とつなぐように描く。右幅の牛は輪郭線を用いずに、没骨法で描かれる。背景の一切を排し、淡墨を掃き、白く塗り残す外隈の技法を多用し、モチーフをうまく表現している。


高田敬輔(1674~1755)は、江戸時代中期の画家。近江日野の生まれ。名は隆久、通称は徳右衛門。別号に眉間毫翁、竹隠斎など。画は京狩野四代である狩野永敬に師事し、師の没後、画僧である明誉古礀に学んだ。また、永敬とともに御室御所に出入りし、従八位上豊前大目の官位と藤原姓を賜る。享保20年(1735年)62歳で法橋、69歳で法眼に任ぜられ、以後「高田法眼」と称した。晩年、一時期江戸の神田に滞在し、最晩年には故郷であう日野で過ごした。門下には関東に店を持つ近江日野商人もおり、島崎雲圃とその弟子、小泉斐らが敬輔に教えを受けたことが知られている。
ご購入のお問い合わせはこちら
高田敬輔の販売作品一覧
SHARE