上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「花鳥図」

大西圭斎

  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
  • 「花鳥図」
作家名
大西圭斎
作品名
「花鳥図」
寸 法
本紙:114.0×49.3㎝
総丈:200.5×63.1㎝
手 法
絹本・彩色
備 考
■画面左下にサイン「圭斎」、印「大西允」
解 説
画面全体に鮮やかに咲く花々の中に3羽の小禽が描かれる。大西圭斎の手による花鳥図である。画面手前には、奇岩の上に留まり南蘋派風の写実的表現で描かれた尾長鳥を配し、その上部に2羽の鶺鴒を配している。

大西圭斎(1773-1829)は、江戸時代後期の画家、豊前中津藩士。江戸の生まれ。名は允、字を叔明、もしくは名は弘、字を毅卿。号は圭斎、幽渓、小痴道人、一簑烟客、再生翁など。通称を又一。大西家は代々豊前中津藩の家臣であり、圭斎も江戸詰家臣として、藩主奥平昌高に仕えた。
画は、はじめ沈南蘋の風を好み、宋紫石、紫山親子と、その孫である宋紫岡に師事し、その後、谷文晁の写山楼に入門する。沈南蘋ほか、明清の画人の法を修め、花卉図や花鳥図をよくした。
圭斎が中津藩の御用絵師あったかは定かではないものの、藩命で度々中津に赴き、多くの作品を遺している。弟子に岡本秋暉・矢島群芳がいる。
大西圭斎の販売作品一覧
SHARE