上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「虎図」

岡岷山

  • 「虎図」
  • 「虎図」
  • 「虎図」
  • 「虎図」
  • 「虎図」
  • 「虎図」
  • 「虎図」
作家名
岡岷山
作品名
「虎図」
寸 法
本紙:44.5×75.0㎝
総丈:140.5×88.0㎝
手 法
絹本・墨
備 考
■画面右上サイン「岷山岡煥寫」、印「岡煥之印」「君章」
解 説
岡岷山の手による虎図である。画面右手前から、蛇行しながら奥へと川が伸び、背景には淡墨を掃き、湿潤な雰囲気を表現している。水辺には虎がこちらに向かい歩みを進める。画面左側には風になびく濃墨で描かれた竹が配され、虎嘯風生(虎嘯けば風生ず)という故事を想起させる作品となっています。

岡岷山(1734-1806)は、 江戸時代中期の画家。名は煥、字は君章。通称は利源太。画は、はじめ狩野派で広島藩の御用絵師であった勝田幽渓に学び、のち宋紫石に師事、中国清代の画家である沈南蘋風の密画をよくし、広島藩七代藩主である浅野重晟に仕えた。藩の御用絵師として活躍するかたわら、門人の指導にあたった。累進し奥詰となったが、藩主重晟の隠居に際してこれを辞し、重晟の近習から近習詰頭取に就任。また岷山は、藩の御用絵師として領内各地を観察写生し、藩主や諸家の求めに応じて多くの画を描き、絵画を志す人々の指導にあたったとされる人物です。
岡岷山の販売作品一覧
SHARE