上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

墨菊図

楊石然

  • 墨菊図
  • 墨菊図
  • 墨菊図
  • 墨菊図
  • 墨菊図
作家名
楊石然
作品名
墨菊図
寸 法
本紙:143.3×36.2cm
総丈:211.5×49.2cm
手 法
絹本・墨
備 考
・画面右上 関防印「樹春画」
・賛「一朶東籬昌 雨開 平壌 楊石然」
※東籬=菊
・画面上印「石然」「楊基薫印」
※楊基薫(1843~?)宮中所属の画家
解 説
賛は「一条東籬昌 雨開」と書かれている。
東籬はもともと東の垣根のことをいい、菊と合わせて使われることが多い。
朝鮮民画において菊は、10月と秋を示唆し、喜びと安居を象徴する。
秋をテーマにした吉祥画と考えられる。

楊石然(1843-1897年)
朝鮮の画家。中和の生。名は基薫、字は穉南、別号に浿上漁人等。
平壌に居住し、芦雁の名手として知られていた。李朝末期をかざる職業画家の一人。光武元年(明治30・1897)歿、54才。
ご購入のお問い合わせはこちら
楊石然の販売作品一覧
SHARE