森狙仙(1747-1821)は、江戸後期に大坂で活躍した画家。生地は長崎説、大坂説、西宮説がある。名は守象、字は叔牙。初め祖仙と号するが、後に柴野栗山の勧めにより狙仙と改める。
狩野派や円山応挙などの影響を受けながらも独自の画風を追求し、養子である森徹山へと連なる森派の祖となった。主に動物画を描き、中でも猿画を得意とした。

販売作品

works for sale