長沢芦鳳(1804-1871) 京都の出身。父である長澤芦洲から絵を学ぶ。人物画、花鳥画を得意とする。安政の御所造園の際、皇后常御殿に描いたことで知られる。晩年は塩川文麟が主宰する如雲社に参加した。

販売作品

works for sale