川合玉堂(1873-1957)は、明治から昭和時代にかけて活躍した日本画家。愛知県木曾川町出身。本名は芳三郎。画号は、初め玉舟、ついで玉堂と改め、この他偶庵などと号した。1887年(明治20)に京都に出て望月玉泉に、ついで90年に幸野楳嶺に師事して四条派を、後に橋本雅邦について狩野派を学ぶ。四条派と狩野派を融和させた画境をひらき、独自の画風を確立。横山大観、竹内栖鳳と共に日本画壇の三巨匠と称された。晩年を過ごした東京青梅市御岳にある旧居は、現在も玉堂美術館として公開されている。

販売作品

works for sale