宋紫岡(1781~1850)は江戸後期の画家。宋紫山の子。宋紫石の孫。江戸の人。
家代々の画業を継ぎ、父祖の画風を伝え、沈南蘋派の画風を能くした。名は琳。字(あざな)は玉林。別号に聴松堂、雪渓など。

販売作品

works for sale