西山翠嶂(1879~1958)は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した日本画家。本名は卯三郎。京都伏見の出身で、明治26年(年)に竹内栖鳳の門下に入り日本画を学び、翌年から各展覧会や博覧会で入賞を重ね、同門の西村五雲、橋本関雪とともに栖鳳門下として名を馳せた。
京都絵専教授、同校校長を務め、私塾青甲社を創立し、堂本印象、中村大三郎、上村松篁らを輩出。後進の指導に尽力した。

販売作品

works for sale