大雅堂霞邨(?-1953)は、霞邨凄亮のこと。昭和時代初期に活躍した僧侶、画家で、池大雅の筆意を習い、大雅堂六世を称した人物。大雅堂とは、池大雅の号で、大雅の死後、門弟たちにより双林寺境内に建立された記念堂で、現在は石碑が残るのみとなっている。

販売作品

works for sale