池田継政(1702−1776)は、江戸時代中期の大名。備前岡山藩主池田家3代。初名は保教。号は空山。正徳4年(1714)、父である綱政の死去により岡山藩主となる。以後およそ40年の長きにわたって藩政を行った。継政が藩主にあった享保~明和年間は全国的に一揆が頻発した時期であったが、民心をよく掌握し、善政をしいて治安を保った。
継政は文人としても優れており、絵を狩野派に学び、特に能楽においては能の舞台図である「諷形図」5巻を著作した。

販売作品

works for sale