森周峰(1738-1823)は、江戸後期に大坂で活躍した画家。姓は森、名は貴信。俗称は林蔵。周峰、杜文泰、鐘秀斎と号す。森如閑斎の次男であり、森陽信の弟、森狙仙の兄であった。周峰の子である徹山は、狙仙の養子となり、後に円山応瑞と縁組している。自らは狙仙の子である雄仙を跡取りとした。

販売作品

works for sale