ギャラリー創 作品紹介 「石原平右衛門宛消息」

▲クリックで画像の詳細を表示

  • 「石原平右衛門宛消息」
  • 「石原平右衛門宛消息」
  • 「石原平右衛門宛消息」
  • 「石原平右衛門宛消息」

▲クリックで画像を選択

作家名
天宥別当
作品名
「石原平右衛門宛消息」
寸 法
本紙:20.7×47.5㎝
手 法
紙本・墨
制作年
九月二十日
備 考
■画面左下にサイン「別当」、「宥誉・花押」
■読みは裏面
■玄堂文庫旧蔵
※宥誉別当(1592~1674)…宥俊の弟子、17世紀の羽黒山執行・別当として最高位についた僧で、羽黒山中興の祖として高名。幕府の高僧天海の弟子となり、名を「天宥」と改める(1641年)。羽黒山を真言密教から天台宗に改宗し、出羽三山を統合支配したが、讒言にあい、新島に流された。天宥は、新島で7年の歳月を過ごしたが、延宝2年(1674年)10月に82歳の生涯を閉じた。
※ 石原平右衛門(1612~1690)…庄内藩家老。三河国吉田以来の家老の家柄である石原平右衛門家に3代重秋の子として生まれ、源内、重則と称した。酒井家の庄内入部とともに一千石を加増され二千三百石となった。寛永15年父とともに家老に任ぜられる。

【翻字】
一書申入候、然者、近日
江戸へ罷登候、内々為
御暇請之見廻可申候へ共、
何鹿菟《(なにかと)》之延引候、又
候哉、先達者早々得貴意
御残多存候、如何様帰山
之節可得貴意候、
猶期来会之節
恐々謹言
    羽黒山別当
  九月廿日 宥誉(花押)
石原平右衛門様
      人々御中

【口語訳】
一筆申し入れます。
さて、近日江戸へ上りますので、
内々お暇乞いを申し上げようと
思いましたが、何かと
延引しました。
お目にかかりましたのに
ゆっくりとできず残念でした。
またお目にかかりますのを
楽しみにしております

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

作家検索

取扱い作家の作品が検索できます。入力を始めると候補が表示されます。

↑ PAGE TOP