ギャラリー創 作品紹介 「うもじ宛歌入消息」

▲クリックで画像の詳細を表示

  • 「うもじ宛歌入消息」
  • 「うもじ宛歌入消息」
  • 「うもじ宛歌入消息」
  • 「うもじ宛歌入消息」
  • 「うもじ宛歌入消息」

▲クリックで画像を選択

作家名
木下長嘯子 
作品名
「うもじ宛歌入消息」
寸 法
本紙:28.8×44.8㎝
総丈:106.0×54.1㎝
手 法
紙本・墨
備 考
■画面左下にサイン「長」
■二重箱(田山方南の箱書)
■田山方南の極文
■長嘯子全集(吉田幸一編、古典文庫、1975年)所載作品(3、5、6巻)
■うもじ・・・長嘯子全集によると、長嘯子の室於梅の略称か。
※木下長嘯子
安土桃山時代から江戸時代初期の武将、歌人。
その作風は、歌壇の新境地を開いたものと評価され、松尾芭蕉にも影響を与えた。
後年には、東山高台寺の隣へ隠棲し、和歌を詠んだ。伊達政宗など大名から藤原惺窩とその息子の冷泉為景といった文化人まで幅広い交流を持っていた。
後水尾天皇が勅撰したと伝えられる、集外三十六歌仙にも名を連ねる。

【翻字】
昨日御申こし候たんさくの
事かきてつかわしまいらせ候
やすき御事のよし
御申つかひ候へく候此うたお
書まいらせ候也かしく
まゐきえてつゝミそあまる花薄
かれのゝ菊のせはきたもとに
             ゟ
(結封)うもしまいる    長

【読み方】
昨日お申し越し候短冊の事、書きて遣はしまいらせ候、
安きお事の由、お申し遣ひ候べく候、この歌、
お書きまいらせ候なり、かしく
まゐ消えて包みぞあまる花薄《はなすすき》
枯れ野の菊の狭き袂に
             ゟ
(結封)うもじまいる    長

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

作家検索

取扱い作家の作品が検索できます。入力を始めると候補が表示されます。

↑ PAGE TOP