ギャラリー創 作品紹介 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」

▲クリックで画像の詳細を表示

  • 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」
  • 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」
  • 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」
  • 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」
  • 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」
  • 「柳生十兵衛(三厳)宛消息」

▲クリックで画像を選択

作家名
沢庵宗彭
作品名
「柳生十兵衛(三厳)宛消息」
寸 法
本紙:15.0×43.9㎝
総丈:96.0×54.0㎝
手 法
紙本・墨
制作年
9月21日
備 考
■画面左に「宗彭(花押)」
■大徳寺511世 立花大亀(1899~2005)箱

【読み】
尚々期面候間不具候
 賛者やかて調可進候
梅月之絵
賛之事
心得申候軈而
相調可進候
先日者来訪
喜悦之至候
事々期面候恐々
謹言
 九月廿一日 宗彭(花押)
柳生十兵衛殿
     □報

※柳生十兵衛(1607~1650)
江戸時代前期の武士、剣豪、旗本。初名は七郎、諱 は三厳、通称は十兵衞。
大和国柳生藩 初代藩主にして将軍家兵法指南を務めた剣豪・柳生宗矩の子。
父の跡を継いで、家業の兵法(新陰流)について、その理論を伝書にまとめるなど発展に努めた。
父・宗矩の師である沢庵を慕い、最初に書いた伝書を宗矩に酷評された際、 沢庵を頼って相談し、その後、沢庵の取り成しもあって、印可を認められたという。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

作家検索

取扱い作家の作品が検索できます。入力を始めると候補が表示されます。

↑ PAGE TOP