ギャラリー創 作品紹介 「書状」

▲クリックで画像の詳細を表示

  • 「書状」
  • 「書状」
  • 「書状」
  • 「書状」
  • 「書状」

▲クリックで画像を選択

作家名
尾形宗謙
作品名
「書状」
寸 法
本紙:29.2×31.2㎝
総丈:117.0×43.3㎝
手 法
紙本・墨
制作年
九月十四日
備 考
■画面左下に宗謙花押
■不二文庫旧蔵(二重箱外箱裏面に印「不二文庫」)
■『日本書籍大鑑 第十九巻』(1980/講談社刊/小松茂美著)掲載作品№44
■『日本書流全史 下(図録)』(1970/講談社刊/小松茂美著)掲載作品№1455
※尾形宗謙(1621~1687)
京都出身の書画家・商人。尾形光琳・乾山の父。初名は主馬、字は子伯、
浩斎と号、屋号は「雁金屋」。尾形家四代宗甫の末弟でその跡継ぎとなり、
東福門院や江戸城大奥の御用を務めた。書を父及び光悦の高弟小島宗真に
学び、光悦流の名として知られる。また絵は狩野派を山本素軒に学んだ。
能楽や茶の湯も能くした。貞享4年(1687)歿、67才。

【読み】
御礼の如く、昨日は申し承り、忝く存じ候。
二色(品の意)の物、則ち、取りに進め申し候。
此の者に下さるべく候。御むつかしき儀、適当
に存じ候。尚、貴面の時を期し候。恐惶謹言。
猶々、御念入りの使、忝く候。以上。  猶々御念入之使
       忝候以上
如御礼昨日者申承
忝存候二色之物
則取 進申候此者
可被下候御むつかしき儀
過當 存候尚期
貴面之時候恐惶謹言
    九月十四日  (花押)

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

作家検索

取扱い作家の作品が検索できます。入力を始めると候補が表示されます。

↑ PAGE TOP