ギャラリー創 作品紹介 「孝字」

▲クリックで画像の詳細を表示

  • 「孝字」
  • 「孝字」
  • 「孝字」
  • 「孝字」
  • 「孝字」
  • 「孝字」
  • 「孝字」

▲クリックで画像を選択

作家名
白隠慧鶴
作品名
「孝字」
寸 法
本紙:82.3×28.0cm
総丈:159.7×35.5cm
手 法
紙本・墨
備 考
・画面右上関防印「顧鑑咦」
・画面左上印:「白隠」「慧鶴」
・淡川康一箱
・賛:「孝 君に忠親に孝有る人しあらば、みの笠もやろ槌も袋も」
解 説
賛:「孝 君に忠親に孝有る人しあらば、みの笠もやろ槌も袋も」
蓑と笠は、それを着ければ身を隠すことができるという隠れ蓑、隠れ笠のこと。
槌は打出の小槌で、これを振れば、何でも欲しいものを思うがままに出せるという。
賛に書かれているのはいわば欲しい物は何でも手に入れることのできる「三種の神器」であるが白隠は、忠孝さえ勤めるならば、それが蓑・笠・槌にもまさる宝物だとさとしている。

白隠慧鶴(1685~1768)は、静岡県(駿河国)の生まれ。
白隠はその功績から「駿河には、すぎたるものがふたつあり、冨士のお山に原の白隠」と称される江戸中期の臨済宗の僧です。諱は慧鶴、号は鵠林、闡提窟。諡は神機独妙禅師、正宗国師。15歳の時に駿河の松蔭寺で出家。その後、諸国を行脚した後、32歳で松蔭寺に戻り住職となり、42歳で悟りを開きました。
白隠の会下には多くの修行僧が集まり、東嶺円慈、遂翁元盧、峨山慈棹、葦津慧隆、斯経慧梁、提洲禅恕らの多くの門下を世にだしました。また白隠は、それまでの公案郡を整理し、体系化したことにより、日本臨済禅中興の祖と称されています。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

作家検索

取扱い作家の作品が検索できます。入力を始めると候補が表示されます。

↑ PAGE TOP

Facebook
Instagram