上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「墨竹図」

柳沢淇園

  • 「墨竹図」
  • 「墨竹図」
  • 「墨竹図」
  • 「墨竹図」
  • 「墨竹図」
  • 「墨竹図」
作家名
柳沢淇園
作品名
「墨竹図」
寸 法
本紙:82.5×31.5㎝
総丈:159.5×44.0㎝
手 法
絹本・墨
備 考
・画面右下にサイン「淇園」、印「字余曰公美」
・画面左下に賛「先生胸次墨三斗 吐作琅?千丈竿 誰道儒生好□古
 淇園獨肯瀟湘雲」、サイン「鵬斎題」、印「長興之印」、「善身」
・『将軍吉宗とその時代展』(於、サントリー美術館・和歌山市立博物館/平成7年)出品作品 図版№175
・『舊大名御藏品入札』目録掲載作品(於、東京美術倶楽部/昭和13年)図版№62墨竹図 
解 説
画面下部から2本の竹が上へと伸びる。竹の幹は一節ごとグラデーションのように下から上へと徐々に薄くなる。墨竹図は、淇園の得意とした画題で、その手による水墨画のほとんどが、竹を題材にしていることからも確認出来ます。
賛者である亀田鵬斎の生没年から、後から賛を附したことが確認出来ます。
また、本作は『将軍吉宗とその時代展』(サントリー美術館・和歌山市立博物館/平成7年)に出品された作品です。

賛者の亀田鵬斎(1752-1826) は、江戸時代後期の儒学者。名は長興、字は穉竜、号は鵬斎、善身堂。江戸の商家の生れで、井上金峨に学び、江戸の五鬼の一人に挙げられる人物。詩文や書もよくした知られています。

柳沢淇園(1704-1758)は、江戸時代中期の南画家、儒者。名は里恭、字は公美、通称権太夫、別号に竹渓など。柳里恭の名でも知られる。柳沢吉保の筆頭家老である柳沢保格の次男。画は、はじめ狩野派に学び、後に長崎派の吉田秀雪に師事した。長崎派の影響を強く受け、細密な写生と濃厚な賦彩による作品を数多く残している。また指や爪に墨をつけて描く指頭画を得意とし、特に竹を好んで描いた。指頭画の技法は淇園に師事した池大雅に影響を与えた。祇園南海、彭城百川等とともに日本文人画の先駆者である。
柳沢淇園の販売作品一覧
SHARE