上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます

「一行書」

紀広成

  • 「一行書」
  • 「一行書」
  • 「一行書」
  • 「一行書」
作家名
紀広成
作品名
「一行書」
寸 法
本紙:134.7×27.6㎝
総丈:190.0×32.8㎝
手 法
紙本・墨
備 考
■画面左に印章「紀廣成」「擎旭棲」、関防「雨華」
■読み「日面佛月面佛」典拠:『碧巌録』第3則
※紀 広成(1777~1839)
 江戸時代後期に活躍した、京都出身の四条派の絵師。
 初め呉春(1752~1811)に学び、人物・花鳥を能くする。
 呉春没後、のちに中国・唐代の呉道子に傚い仏画を描く。
 日頃から仏教を厚く信仰し、観音大士堂を建てて一日読経し、
 数ヶ月肉食を絶つなど本職の僧侶顔負けの生活をおくったという。
 現在確認されている作品は50点ほど。
紀広成の販売作品一覧
SHARE