村上華岳は明治21年(1888)生まれ、昭和15年(1940)没。

京都絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)研究科を卒業後、土田麦僊・小野竹喬らと共に官展に対抗した「国画創作協会」を結成するも、第5回を最後に画壇から離れ、神戸花隈に隠棲し、自己の精神的深化を求めた。深い精神性を持つ観音像、六甲風景、牡丹などを題材に独自の水墨画の世界を描き続けた。

―― 藝術は神と自然と自分との間に生れる申し子である。

村上華岳「画論」より

販売作品

works for sale

Sold out
村上華岳

「椿ノ図」

売却済