販売作品

works for sale

広渡桂洲(1833-1866)は、 幕末頃に長崎で活躍した画家、唐絵目利。と小林氏。はじめ敬蔵、盛之助と改めた。諱は宗信、字は子恭。吟秋軒と号した。画を叔父の荒木千洲に学び、後に養子となる。嘉永元年(1848)に広渡大輔の跡を継ぎ、鍋島藩の唐絵目利となった人物。

SHARE