ギャラリー創 作品紹介 「登龍門図」

「登龍門図」
作家名
円山応挙
作品名
「登龍門図」
寸 法
本紙:98.6×34.5㎝
総丈:180.0×44.4㎝
手 法
絹本・墨・金泥
備 考
・画面右下にサイン「応挙」、印「応挙之印」
・賛:菅茶山「徐福遠何日王世成無形天/語人誰攀天子亦人行登得/菊葉君不及三□鯉」、晋帥(ときのり)、印「晋帥」
※菅茶山(1748~1827)江戸後期の儒者、漢詩人。備後国神辺(現福山市)出身。 本姓を菅波、名を晋帥、字を礼卿(れいけい)、通称を太中、茶山と号した。京都で朱子学を学び、帰郷して黄葉夕陽村舎(こうようせきようそんしゃ)を開く。頼山陽の師。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP