ギャラリー創 作品紹介 「石原平右衛門宛消息」

「石原平右衛門宛消息」
作家名
天宥別当
作品名
「石原平右衛門宛消息」
寸 法
本紙:20.7×47.5㎝
手 法
紙本・墨
制作年
九月二十日
備 考
■画面左下にサイン「別当」、「宥誉・花押」
■読みは裏面
■玄堂文庫旧蔵
※宥誉別当(1592~1674)…宥俊の弟子、17世紀の羽黒山執行・別当として最高位についた僧で、羽黒山中興の祖として高名。幕府の高僧天海の弟子となり、名を「天宥」と改める(1641年)。羽黒山を真言密教から天台宗に改宗し、出羽三山を統合支配したが、讒言にあい、新島に流された。天宥は、新島で7年の歳月を過ごしたが、延宝2年(1674年)10月に82歳の生涯を閉じた。
※ 石原平右衛門(1612~1690)…庄内藩家老。三河国吉田以来の家老の家柄である石原平右衛門家に3代重秋の子として生まれ、源内、重則と称した。酒井家の庄内入部とともに一千石を加増され二千三百石となった。寛永15年父とともに家老に任ぜられる。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP