ギャラリー創 作品紹介 「残雪 (後鳥羽上皇謌)」

「残雪 (後鳥羽上皇謌)」
作家名
近衛信尋
作品名
「残雪 (後鳥羽上皇謌)」
寸 法
本紙:89.7× 31.5㎝
総丈:165.5×39.5㎝
手 法
紙本・墨
備 考
■古筆了信 (古筆十三代了信)極札
(読み)「後鳥羽院:う久(く)ひ寿(す)の なけともいまたふる雪耳(に) 杦(すぎ)の葉しろき あふさか(逢坂)の山」(鶯の 鳴けどもいまだ降る雪に 杉の葉白き 逢坂の山)

※出典:新古今集 春上・後鳥羽院
春まだ浅い逢坂山の情景を、杉の緑と雪の白との対照によって詠んだもの。『古今和歌集』の「梅が枝(え)に来居(きゐ)る鶯春かけて鳴けどもいまだ雪は降りつつ」を本歌とする。

※近衛 信尋(1599~1649)
江戸前期の公卿。後陽成天皇の第四皇子、三藐院近衛信尹の養子。茶を古田織部に学び、画も巧みで、書は養父の三藐院流を伝えた。慶安2年(1649)歿、51才。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP