ギャラリー創 作品紹介 「東下り図」

「東下り図」
作家名
鈴木其一
作品名
「東下り図」
寸 法
本紙:90.0×34.7㎝
総丈:172.5×46.3㎝
手 法
絹本・彩色
備 考
■画面左下にサイン「噲ゝ其一」、印「庭柏子」
※『鈴木其一』展(於、サントリー美術館・姫路市立美術館・細見美術館/2016)
  図録掲載№57・188の類似作品
※『伊勢物語』第九段「東下り」の中の「富士山」の場面の図。
 この場面は、琳派の絵師たちが好んで取り上げ、『光琳百図』
 前編上にも二図の収録がある。その内の「絹本極彩色吾妻下二幅対」
 と冠された双幅のものと業平、供と衣服の模様まで一致する。
 其一の師、酒井抱一(1761~1829)や息子、鈴木守一(1796~1858)にも作例がある。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP