ギャラリー創 作品紹介 「墨梅図」

「墨梅図」
作家名
鈴木鳴門
作品名
「墨梅図」
寸 法
本紙:85.0×33.0㎝
総丈:172.0×51.5㎝
手 法
絹本・墨
備 考
■賛「昨夜西風吹於平林梢渡小艇/湾入河灘場野枝古梅独掛
 寒/屋角疎影横斜晴上書□敲」、サイン「鳴門漁翁書併画」、印「江海士」
※鈴木鳴門(?~1840)
 江戸時代後期の画家。江戸の鈴木芙蓉(1752~1816)の内弟子となり、
 芙蓉の子、鈴木小蓮の死後、師の養子となる。山水・人物画にすぐれ、
 また詩文をよくした。養父の跡をつぎ阿波徳島藩の絵師となる。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP