ギャラリー創 作品紹介 「鍾馗坐禅画賛」

「鍾馗坐禅画賛」
作家名
遂翁元盧
作品名
「鍾馗坐禅画賛」
寸 法
本紙:85.8×27.2㎝
総丈:143.5×35.9㎝
手 法
紙本・墨
備 考
■画面右に印章「盧印」「浮嶋」
■賛 引首印「曹溪一滴」 「趺坐安禅骨脊梁/敬珍□劔擲牀□/不須向外除妖□/好照真源絶思量」、印章「紹鑑」
※遂翁元盧(1717~1789)
江戸中・後期の臨済宗の僧。駿河松蔭寺二世。
30才を過ぎて白隠禅師(1685~1768)に謁し、師事する。
同門の東嶺円慈(1721~1792)と共に白隠の鵠林門下の二神足と賛えられる。
東嶺円慈の勧めにより松蔭寺を継ぐ。詩酒碁画を好み、自ら酔翁と称し、
のち人の勧めにより遂翁と改める。池大雅らとも交わった。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP