ギャラリー創 作品紹介 「女三宮宛消息」

「女三宮宛消息」
作家名
尊證法親王
作品名
「女三宮宛消息」
寸 法
本紙:22.3×60.6㎝
総丈:107.1×68.7㎝
手 法
紙本・墨
備 考
※尊證法親王(1651~1694)
 江戸初期の親王。青蓮院門跡。
 後水尾天皇の第十七皇子。青蓮院に入室、親王宣下を受け、得度し、尊証と号した。
 灌頂(かんじょう)を遂げ、天台座主に補される。
 書を能くして一家をなし、尊証流と称された。

※女三宮 昭子内親王(1629~1675)
 後水尾天皇の第四皇女。母は東福門院。女三宮とよばれた。
 寛永14年(1637)内親王となる。
 岩倉に新殿をたてて住み、岩倉御所と称された。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP