ギャラリー創 作品紹介 「大文字屋宗積宛書状」

「大文字屋宗積宛書状」
作家名
藤村庸軒
作品名
「大文字屋宗積宛書状」
寸 法
本紙:16.0×47.5㎝
総丈:98.0×49.7㎝
手 法
紙本・墨
制作年
9月27日
備 考
■端裏書「宗積様 庸軒」
■白嵜顕成箱
■読みは裏面

※藤村 庸軒(1613~1699)
 江戸前期の茶人。京都の呉服商藤村家の嗣子。
 初名は政直、のち当直、別号に反古庵・徹翁。茶湯は初め藪内真翁紹智
 に、ついで小堀遠州・金森宗和に学び、千宗旦の門に入る。
 千家の全式を受けて四天王の一人となる。漢詩文に優れ、『庸軒詩集』が
 ある。

※大文字屋 宗積(=比喜多宗積)(?~1714)
 屋号を大文字屋という京都の豪商で、日野肩衝(ひのかたつき/※茶入)、虚
 堂智愚墨蹟(きどうちぐ/※国宝/東京国立博物館蔵)を始めとする名品を所
 蔵していたことでも知られる。

※白嵜 顕成(1941~)
 神戸女子大学教授。
 『蘭室藤村正員年譜考』(思文閣出版/2003)、『藤村庸軒年譜考』
 (思文閣出版/2009)、『藤村庸軒をめぐる人々』(思文閣出版/2011)

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP