ギャラリー創 作品紹介 「雁図」

「雁図」
作家名
長澤蘆舟
作品名
「雁図」
寸 法
本紙:97.5×37.5㎝
総丈:177.2×48.8㎝
手 法
絹本・墨・淡彩
備 考
・画面右下にサイン「蘆州」、印「長澤鱗印」
※長沢芦州(1767-1847)・・・江戸後期の円山派の画家。長沢蘆雪の養子。
名は鱗、字は呑江、別号に南暁。画法を父に受け、人物・花鳥を能くした。
弘化4年(1847)歿、81才。
※賀茂季鷹(1754-1841)・・・京都出身の国学者・歌人。 京の上賀茂神社の社家に生まれる。
有栖川家に仕えたのち、同家の職仁(よりひと)親王に近侍して和歌を学ぶ。
江戸に下り、加藤千蔭・村田春海ら江戸派の歌人と親交したのち帰京。
賀茂社に仕えながら風雅の生活を送り、伴蒿蹊・小沢蘆庵など歌人文人と交遊した。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP