ギャラリー創 作品紹介 「鍾馗と鬼図」

「鍾馗と鬼図」
作家名
尾形月耕
作品名
「鍾馗と鬼図」
寸 法
本紙:111.2×41.2㎝
総丈:197.8×53.0㎝
手 法
絹本・墨・着色
備 考
■画面右下「月耕」、印
※尾形月耕(1859~1920)
江戸京橋生まれの浮世絵師、日本画家。本名鏡正之助。のち尾形光哉の養子となり、尾形姓となる。谷文晁・菊池容斎・河鍋暁斎らに私淑し、独学で絵を学んだ。明治初年に絵ビラや人力車の蒔絵、輸出用陶器の下絵などを描き、また『絵入朝野新聞』の挿絵や春陽堂、博文館などの雑誌口絵、錦絵『月耕漫画』などを制作する。明治20年代以降、日本青年絵画協会、日本画会の設立に参加、31(1898)年には日本美術院創立に参加し正員となるなど新派系の有力作家として活躍した。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP