ギャラリー創 作品紹介 「葡萄に栗鼠図」

「葡萄に栗鼠図」
作家名
悦山道宗
作品名
「葡萄に栗鼠図」
寸 法
本紙:97.6×28.8㎝
総丈:174.7×31.6㎝
手 法
紙本・墨
制作年
7月16日
備 考
■画面右上に関防印「雲□□信」、印「彭墌」、「芦渡流□」
■画面右上に印「滴凍」、「宗賢」
賛「翩々兮孫葉/顆々兮垂珠(翩々たり、孫葉/顆々たり、垂珠)」
「孟秋既望/髻輝道人題」
※1翩々・・・軽やかにひるがえるさま。
※2孟秋・・・陰暦七月、既望・・・陰暦十六日の夜。
■箱蓋裏「□水浄長観」、印「尚友会印」、「□□」
■箱側面二箇所に印「小虎」
※髻輝(1629-1709)・・・江戸中期の渡来禅僧。悦山道宗の名で知られる。
明暦3年に渡来。木庵に謁し、ついで宇治黄檗山万福寺の継席に従った。
大阪南岳山舎利尊勝寺を開山したのち、万福寺第7代住持となる。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP